FC2ブログ

[vim/gvim] 起動方法差違による外部コマンド実行環境 (環境変数PATH)

■ vim/gvim 起動方法差違により、外部コマンド実行環境 (環境変数PATH優先順位 起因) が異なる。
  □ Windowsネイティブな起動 ・・・ WindowsOS環境変数PATH (先頭側) > Unix環境変数PATH
  □ MSYS2 mintty内から起動 ・・・ Unix環境変数PATH (先頭側) > WindowsOS環境変数PATH
  → :echo $PATH により、環境変数PATH の優先順位を確認可能。
  → Unixコマンドを用いる際には、Unix環境変数PATHをWindowsOS環境変数よりも先頭側に配置する必要がある。
    そうでなければ、WindowsOS側とコマンド名が重複するコマンドにてエラーが発生しうる。
    例) findにて、"FIND: パラメータの書式が違います" というエラーになる。
      → 意外と気がつきにくいので要注意。

尚、
※ 実行環境 (環境変数PATH優先順位 起因) に於けるトラブルは、
  Unix環境をWindowsOS環境上で利用する際には起こりうる/起こりやすいトラブルである。
  (他; Cygwin, MinGW, MSYS etc.)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント