FC2ブログ

[getopt] /usr/bin/getopt によるオプション及び引数処理

■ /usr/bin/getopt により、オプション/オプション引数、及び、引数処理が可能。
→ getopt コマンドを1度呼び出すのみでは、1つのオプション/オプション引数しか処理出来ない為、
  複数オプション/オプション引数処理の為には、while ループとcase 構文を組み合わせることが必要。
→ 内部に於いては、setコマンドにより一旦中間文字列を生成し、それをwhile ループとcase構文にて処理する。 
尚、
→ オプションは引数より後に配置してもよい。
→ オプション表記は複数文字にも対応している。(ロングオプション対応)
→ 空白や特殊文字を含む場合には正常に処理出来ない。


参考文献:
■ bash によるオプション解析
■ [sh][DONE] getopts - コマンド "getopt", "getopts" の使い方を把握する

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント